松永和也 ~Original Kayaking Style 2011~
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
・PROFILE
 KAZUYA - 松永 和也-
 1984年、兵庫県生まれ
 兵庫県在住。

 カヌー・フリースタイル 
  日本代表
 カヌーワイルドウォーター 
  兵庫県代表 
 Playboating@JPにて
 "KAZUYA style"連載中

 kazuyastyle@live.jp

・RESULT
2010
Japan Freestlye Kayak Circuit
 年間ランキング 1位
ICF FreestyleKayak World Cup
#1-Augsburg/GER 10位

2009
ICF FreestyleKayak World Championship in Siwss 17位
平成21年度
日本カヌ-フリ-スタイル選手権大会
 1位


2008
Japan Freestlye Kayak Circuit
 年間ランキング 1位
ICF FreestyleKayak World Cup
#1-チェコ・プラハ 28位
#2-ドイツ・アウグスブルグ 12位
#3-スイス・トゥーン 7位
 総合ランキング 11位


2007
Japan Freestlye Kayak Circuit
 年間ランキング 1位


・J.F.K.A/日本フリースタイルカヤック協会
・JCF 日本カヌー連盟


Sponser
Seektruth
Jacson Kayak
TheRival
patagonia
KayakS

SPECIAL THANKS
SD SPORTS
KAYAK Kono-tori

Friends Blog
The Rival
ESPADDLER
sanmamania
フリースタイル圧力10MPa
polygon
Just a kayaker
A-hon風流記
河童仙人
NATURAL BORN KAYAKER
Long Long Way
MASTERPIECE
F r e e L i f e S t y l e
playboating@jp
class5
おっつ日記♪(-0-)

カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧
GW東北トリップpart5(4/30)
朝、小岩井農場を見に行く。(っていっても売店だけだけど(笑))
んで葛根田川、竜川とかをみて一度いってみたかった生保内へ。
葛根田川は手取川のダム上に似た感じ。
竜川はいっぱいいっぱいな感じでした。
a0057149_1141766.jpga0057149_1145497.jpg
↑葛根田川           ↑竜川

生保内に到着したはいいもののウェーブらしきものが全然見当たらない。
どうやら雪解けで水が多すぎのようだ。残念。
a0057149_1185859.jpga0057149_1191630.jpg
↑発電所。                    ↑影も形も・・・

次は前から気になってた抱返渓谷へ
抱返神社から夏瀬ダムまで川沿いに遊歩道が整備されてるらしいので行ってみようとしたけど
遊歩道が倒木や落石のため通行止め。
遊歩道が通行止めってオイ!
あーだこーだゆってもしゃーないのでちょっと遠いけど真室川に行くことに。

真室川は前から気になってて不動滝っていう滝がある。
やれそうだったらやってみようと思ったけどとんでもない。
水も多いせいか滝の上のゴルジュで逃げ出したい気分だ。
下流の泡滝を見に行くも滝がどこだかわからずに断念。
今日はやられてばっかりだ。
a0057149_1353865.jpga0057149_1361466.jpg
↑不動滝上のゴルジュの入り口            ↑抱返看板

独りで漕ぐのがさみしくなってきたのでタンに向かうことにした。
10時ごろに到着。ジュンちゃんがいた。
[PR]
by k-_-style | 2006-04-30 01:41 | Down River & Creek
GW東北トリップpart4(4/29)
この日の予定はまず薬研渓谷とその支流を下ってから恐山にいって
それから本州最北端の大間にいってマグロを食べる。
と忙しそうだったんでいつもよりちょっと早起き。

昨日下見をしておいた薬研渓谷(大畑川)とその支流のウグイ滝川を
9時前から下り始める。
薬研のスタートは夫婦かっぱの湯から。
それより上流は道が開いてなかった。
地図見る感じじゃ上流もよさそうだからまたいってみたいな。
ゴールは薬研温泉。2kmぐらいのショートダウンリバー。
途中に大滝っていう滝って言うか2mぐらいのドロップがあるんだけど、
ここは担いだ。ラインもあったしいけそうだったけどドロップの下が結構巻いてたから1人じゃいやだった。
a0057149_22572957.jpg
↑大滝の全景
a0057149_22534638.jpga0057149_22541641.jpg
↑とぼとぼ担ぐオレ。               ↑ゴールのショボウェーブ

うぐい滝川は薬研温泉のチョイ上流に流れてる細い支流。
なんとなく行きたくなった。
ここも合流までの短い距離。1kmぐらいかな。
でここで事件発生。
核心部のドロップを落ちようと思ったらラインが細くてパドルが入る隙間がない。
あたふたしてドロップを落ちた瞬間、沈。
ロールしようとしても水がつかめんxx
やっとのことでおきてドロップから脱出。
とパドルがおかしいことに気づく。やってしまった。シャフトが折れた。
シャフトが折れたのは初めてだ。
幸いなことに予備パドルでくだってたからまだよかった。
あとでビデオ見たら沈した瞬間にバキッて音が・・・
ついでに親指も削れた。
a0057149_22543735.jpga0057149_23165262.jpg
↑ヤラレ系                      ↑ポキオ君

折れてしまったものはどないしよーもない。
恐山へ。今回のトリップのメインイベントだ。
ラッキーなことに冬季閉鎖からオープンしてすぐだったようだ。
るるぶには5月から11月って書いてあったし。
恐山はいい感じに観光地になってた。
これがいかにも霊山って感じだったらオレは逃げ帰ってたと思う(笑)
お化けは苦手だ。
a0057149_23344379.jpga0057149_23345897.jpg
↑殺伐とした感じ                  ↑水も青い
a0057149_23352051.jpga0057149_23355336.jpg
↑いたるところに石が積んである         ↑血の池

恐山をでてもまだお昼。これはお昼に大間にいけそうだってことで早速移動。
移動中、海岸で海草を取ってる人たちがたくさん。
おそるおそる聞いてみると”ふのり”をとってるらしい。よかった標準語で!
大間の手前に滝があったのでチェック。けど水が少なくて断念。きれいな直暴だった
大間に着いたらまず腹ごしらえ。海鮮丼を食べに行く。
しかし今の大間はマグロのシーズンじゃないらしい。今はウニらしい。
でもどっちも食べたかったからウニとマグロとあわびが乗った丼を注文。
シーズンだけあってウニがうまかったv
a0057149_23514366.jpga0057149_23521663.jpg
↑ふのり採取中                  ↑目滝
a0057149_23524753.jpga0057149_23544679.jpg
↑写真撮るのも忘れてがっつく人       ↑食べたところ

食べ終わって記念撮影したりお土産買ってもまだお昼過ぎ。
どうせならと思って下北半島一周しようかと思ったけどホントの1周は遠いので断念。
代わりにかもしかラインをつかってむつまで。0.8周か(笑)
ついでに川も見れるしv

かもしかラインはカーブはそれなりにきついけど、道も広くて車も少なくていい道だった。
かもしかラインは川内川とその支流の湯野川沿いを走る道。
まず湯野川はというと
a0057149_1421201.jpga0057149_1421379.jpg
↑な感じ。っていってもゴルジュなのはここだけだけど

川内川は
a0057149_14235897.jpg
↑大滝っていう。ここも大きな瀬はここだけ。最後のドロップは3mぐらいあった

いちおうどっちもやってきました。
時間と独りっていう関係でここも短い距離しか下ってないけど。
湯野川のゴルジュは右のドロップが2m、左のシュートが3mぐらいの落差。
スピードに乗って気持ちよく下れた。
川内川の大滝は下見をしたときは写真右のメインルートを通ろうと思ってたけど
いざ瀬の手前まで行ってみると・・・   ・・・落差スゴ!!
大慌てで左のチキンルートに逃げた。
(特に障害物もないからレスキューとかいたらメインルートくだってたと思う)
a0057149_14352936.jpga0057149_14355214.jpg
↑湯野川                       ↑大滝のドロップ


次の日は安家川に行くつもりだったけど遠すぎて岩手の小岩井農場に行くことに。
下北1周して仮眠とってから夜走った。
長い長い1日が終了~。
[PR]
by k-_-style | 2006-04-29 23:23 | Down River & Creek
GW東北トリップpart3(4/28)
朝一で黄瀬川を見ようとしたけど川沿いの道が車両進入禁止で断念。
西十和田いで湯ラインを通って青荷温泉へ向かう。
西十和田いで湯ラインは雪がすごかった。
途中の展望台から見る十和田湖は壮大な眺めだった。

a0057149_1801433.jpga0057149_1804570.jpg

↑展望台から見た十和田湖            ↑展望台から見た駐車場

青荷温泉はランプの秘湯っていうらしく夜はランプの明かりだけらしい。
そこの前を流れる青荷川にも期待して青荷温泉にいったけど川は細くて無理だった。
温泉にも入ったけど、日中より夜がよさそうだった。
日帰入浴は9時から15時までだから宿泊しないと無理なんだけど。
a0057149_1885230.jpg

↑青荷温泉

青荷温泉から八甲田山の横を通って下北半島へ大移動。
十和田ゴールドラインは天気がいいのもあって絶景。きれいだったな~
a0057149_18131164.jpga0057149_18152222.jpg

↑雪の壁。10mくらいあった           ↑写真じゃわかりにくいけど八甲田山。

夕方下北半島一の街むつに到着。
晩飯の材料の調達にスーパーに入ると、鮮魚コーナーにはカニとホヤ。
僕は地方のスーパーの鮮魚コーナーを見るのが好き。
地方独特のものが見れるからね!
a0057149_18202855.jpga0057149_1821102.jpg

↑ちなみにロシア産は安い。           ↑でかい!!

明日下るつもりの薬研渓谷までいって少し下見をしてから今日の移動は終了。
はかっぱの湯に入った。ここも混浴。
[PR]
by k-_-style | 2006-04-28 18:02 | Down River & Creek
GW東北トリップpart2(4/27)
朝、道の駅”岩城”の野菜直売所を物色してから十和田湖へ。
直売所は葱が安かった。

途中で八郎潟によったり川探したりしながら進む。

a0057149_13281989.jpg a0057149_13371360.jpg


↑八郎潟。とにかく広い!          ↑水芭蕉が咲いてたので写真撮影。
                            してたら道行く車に変な目で見られる。

後で気がついたけど、水芭蕉は関西じゃ珍しいのに東北じゃ珍しくないものみたい。
その後、毎日どっかで水芭蕉を見た;


夕方、十和田湖の手前の大湯川に到着。この川には地図に載ってるだけで2つ滝がある。
期待して見に行くとそこには3つ滝が。あれ?
a0057149_13464816.jpga0057149_13471641.jpg

a0057149_1347592.jpg

 (下流から止滝(上左)、中滝(上右)、銚子の滝(下)。止滝が地図に載ってなかった。)
まぁいっか。止滝は飛べそうだ!中滝はう~ん・・・やれそうだけど今はやめとこ。
銚子の滝は、、、高すぎ!30mくらいかな~外人ならいける!

ってことで止滝だけやることにした。
もう1回ちゃんと下見する。
下はきれいなボイルだしちょっと高めだけどブーフだよな。
ちょっと高い気がするな~~でもリップもあるし高く見えるだけか。

で飛んでみた。
a0057149_1454066.jpg
・・・やっぱり気のせいじゃなくてリップ抜けてからも高かった。
リップの上からだと12mはあったんじゃないかな。
でも気持ちよかったー!
もっかいやりてーけど1人だしやめといた。(ちなみに何回も担いでやれるよ~)
フリーウィールとかもできそう=3



滝飛んでおかしなテンションで十和田湖に到着。
まだ明るかったから奥入瀬渓流を見に行く。
ここは幕府瀑布街道って飛ばれるぐらい滝があるらしい。
すっげー期待したけど水が全然なかった。標高が高くて雪解けはまだまだな感じ。
a0057149_14235715.jpg


↑銚子大滝も低い。5mぐらいだった。
渓流って言うぐらいだから川にも落差がないし。

暗くなってきたし今日の移動は終了。
十和田湖温泉郷で初混浴を体験して就寝。


  
[PR]
by k-_-style | 2006-04-27 14:29 | Down River & Creek
GW東北トリップpart1(4/26)
a0057149_425986.jpg

福井から650kmで力尽きた…
これぐらいで勘弁してください
[PR]
by k-_-style | 2006-04-26 03:02 | Down River & Creek
きた
スター06モデル
a0057149_23264510.jpg

きれいな色だよ。


今日はいろいろやった。
洗濯して、ギヤ洗って、
シートに転がしてたスピーカーを取り付けて、
車の天井に棚作って、
スターのフィッティングして、
こないだ井田で割ったエアーを直しかけたけど挫折。

明日は荷造りだ!



携帯の画像をPCに移してたらブログにUPしようと思って忘れてたのがたくさん出てきた。
いくつかUPします
a0057149_2331155.jpg

↑初体験のホヤ。山形でご馳走してもらいました。

a0057149_23323585.jpg

↑野麦川。

a0057149_23334870.jpg

↑鳥取選手権にいったときにスーパーで見かけたアジフライ。
  20cm以上のアジが丸まるフライに・・・

a0057149_23354356.jpg

↑鳥取選手権でのC2
[PR]
by k-_-style | 2006-04-25 23:37 | Other
ワイルドワイルド進化論3
a0057149_22444280.jpg


今日は八木さんとハマちゃんとワイルドの練習!
場所はモチロン井田。
井田っていってもコースの下から出発することが多かったけど。
ゴールはB&Gの前。

コースの下4本とコースを3本やった。
3人で交代で回送したんだけど
いろいろアドバイスもらったりビデオとってもらったり
佐伯さんからもアドバイスもらったし。
いい勉強になりました!

ボート変えてから初めてコースを下ったけど
やっぱりボートは重要ですな。
あれほど怖かったコースが全然怖くない。
むしろ楽しいぐらいだ!
ワイルド楽しい!!

途中ハマちゃんに事件が!!?
a0057149_2257404.jpg



帰りに小矢部川SAで仮眠してたらトオルさんに起こされた。
[PR]
by k-_-style | 2006-04-24 22:59 | WILD Water
レスキューのボス
a0057149_22331739.jpg

この日のためにつくったフルスーツ
[PR]
by k-_-style | 2006-04-22 23:38 | Other
JAPAN CUP 1 井田
今日はワイルドだった。
結果は最下位。でも完漕できたからとりあえずOKかな
ロデオじゃなんとも思わへん井田のコースが怖かったですよ。

今回試合じゃ使わなかったけど別のボートを借りれた。
これまでのボートはかなりでかかったけど今回かりたやつは小さめですごいよかった。
こんないいなら試合で使えばよかったよ
パドルもいつもと違うやつ使ってみたんだけど、いつものよりよかった。
ワイルド楽しくなってきたぞ~
[PR]
by k-_-style | 2006-04-22 23:15 | WILD Water
コブナト・BIG WAVE
今日お昼ごはんを食べようと思って炊飯器のスイッチを入れてふと思った。
今日の水量いくつだ・・・?
・・・・・・・・九頭竜川小舟渡1.62m。
多いな~ 何でこんな多いんやろ?
ん?この水量は?
小舟渡乗れるじゃねーか!
急げ!ダッシュだっ!!
スイッチを入れた炊飯器をほっぽって
解凍しかけた鮭の切り身だけ冷蔵庫にしまって(笑)

この前ビデオ見せたら”今度出たら電話しろ!”(この前のビデオはこちら
ってヨシさんにいわれてたから電話してみると鎌田さん待ってから来るらしい。
モチロンがんちゃんにも電話だ。がんちゃんも来るらしい。

いそいで現場に到着。
データは1.68m。多めだ。
ウェーブも薄い。
ヨシさんたちが来るころまで持ちそうだ。

がんちゃんと軽くこいで見たけどまだ薄かったのでヨシさんたちを待つ。
5時前にヨシさんたち到着。
鎌田さんとヨシさんの3人で漕ぐ。
この前より薄めだけど面白い!
フェイスが硬めだから背が縮む感じ。

3人で1時間ぐらい漕いで終了~。疲れた~
2回ぐらい結構飛んだ(気がした。)
ちなみにビデオ忘れたから証拠なし。。。





マックナスティーのビデオ作りました
http://k-style.lolipop.jp/mcnasty.avi
XviDで圧縮してます。コーディックはこちら
(Windows用直リンク)
[PR]
by k-_-style | 2006-04-21 00:10 | Freestyle